小春日和

主婦ライフワーカー(三歳児ママ)の日常

鉄製のフライパンを買いました。

 
私と調理道具の話なんですが、数年前に実家を出た時はフライパン1つ、鍋1つ、ボール1つしか持っていませんでした。それが必要に迫られて段々と買い足し今では調理道具はキッチンの収納いっぱいに入っています。
そうやってちょこちょこ増えていったのでメーカーもバラバラ。貰ったものや100均のものまであります。
 
ティファールとか川越シェフや栗原はるみさんの出しているものとかIKEAの値段高いシリーズとか、同じメーカーで揃えるのに憧れますが実際使えればいいか~と何一つ拘りませんでした。
 
中でもメインで使っているフライパンは2年程前、まだ小さな赤ちゃんだった娘を抱っこしてお散歩に行った時に近所のスーパーの訳ありセールで見つけたもので、テフロン加工?というのかな、表面加工されていて値段は1000円でした。
 最近その加工部分が剥がれたり鍋底の落とし切れてない汚れが目立ってきたので買い替えることを決意しました。
 
それでネットで検索したんですけど、フライパンの事を調べるのが人生初で。
そこではテフロン加工が有害だとかそうで無いとか、鉄やアルミも有害だとかそうで無いとか、フライパンの素材に纏わる議論が白熱していました。
 でも結局ネットの情報は何が正しいのか分からず。ただ分かったのはテフロン加工などのフライパンは長持ちしないという事でした。
 
フライパンの素材にはそういった表面加工のもの、アルミ、ステンレスなどもありどれにしようか悩んだのですが、焼いたり炒めたりが中心なので美味しく仕上がりそうな鉄製に決めました。なんとなく中華料理のイメージです。有害だなんだの記事を見ておきながらイメージで決めちゃいました。
 
鉄製のフライパンは最初に沢山の油を染み込ませるといった使用方法や、洗剤を使わないという洗い方、温めて水分を蒸発させた後また油を染み込ませるしまい方が必要みたいで正直面倒くさそうだとは思ったんですが、楽天で口コミの良かったリバーライトの「極」を購入しました。28cmサイズです。
こちらだと最後に油を染み込ませなくても良いみたいで、普通の鉄製よりはお手入れが楽なんだそうです。
 
早速注文して、注文を受けてから作るという事なので届くまで日数がかかりました。
持ち手の部分も薄い木の色(ナチュラル)と濃い色(ダーク)を選べて自分でカスタムした感じなので、これがなんていうか届いた時に凄い嬉しかったです。自分の!というか。
 
取り扱い説明書にこんな事が書いてありました↓
f:id:nyankori:20160608203854j:image
成る程ですね。正しい調理頑張りたいです。
 
ただちょっと重いので左手で持ってお皿に盛りつける時なんかが大変に感じ、また最初に油を馴染ませるのはやっぱり手間…でも料理が美味しく出来るような気がしてめんどくささも受け止めています。手間がかかる程愛着が湧くんでしょうな!
 
これから相棒として活躍してもらいたいと思います。