小春日和

主婦ライフワーカー(三歳児ママ)の日常

ニトリのスキレット

 スキレットはファミリーキャンプを始めてから知ったアイテムだったのですが、旦那が面白そうだと言ってニトリで買ってきました。ニトリで買った理由はお値段が799円(19cmサイズ)と手頃だったからです。(以前はダイソーでも販売していたそうでそこで買えたら一番安かったんですが…)

ニトリでは15cmサイズもあり、ネット限定でスキレット用の蓋も売っているみたいですね。

ただちょっと使用後のお手入れが面倒なんですよね…

どんなものかと言うと、

1、あまり洗剤を使わないで洗う(表面の油を剝がさないため)

2、洗い終わった後、コンロにかけて水分を飛ばす(さびないようにするため)

3、薄く油を塗って弱火で温める(シーズニング)

 という手順が必要なんです。

以前、鉄製のフライパンを購入したんですがそれも同じ感じで、表面に油を馴染ませておくことが大切なんですね。フライパンと違うのはスキレットがそのままお皿になるという点ですかね…あ、あと持ち手が熱くなるので鍋つかみが必要です!

 

 そんなこんなでアヒージョを作ったりしていたんですが、先日掃除した魚焼きグリルに入るサイズだという事が発覚したのでハンバーグを焼いてみる事にしました。

 

ハンバーグってフライパンでも焦がしたり生焼けになったりで焼き方が難しいですよね。グリルで上手く焼けるのか不明でしたが、レシピを検索してやってみたのがこちら!

  

 

f:id:nyankori:20170510194406j:image

 

 最初はコンロで焼き、焼き色がついたら裏返さず魚焼きグリルに入れるとレシピにありましたが、焦げないように度々引き出して、表面が焼けてきたら焦がさないかヒヤヒヤしながらアルミホイルを被せました。(付け合わせの野菜は軽く茹でて乗せただけです)

スキレットにタネは2つだけ乗せたので、残った5つ分程のタネはフライパンで焼きました。

 

 それでスキレットとフライパンでのハンバーグを食べ比べた結果はと言いますと、フライパンで焼くよりスキレットの方が表面がハードになりました!とっても香ばしかったです。火力と焼き方が違うと、同じ食材でも違った仕上がりになるんですね~旦那からの評価も良かったです。

 

 

 

 お手入れは面倒ですが、とても美味しく見た目も良く仕上がるのでオススメです!